五七五ブログ 小夜衣

137ac14b8078961a917a39945295fb87


呼ぶような声にふるえる十三夜  小夜


柱時計が11時を打った頃

襖の向こうで寝ているオジの

苦しそうな声


そこは 若くして亡くなったいとこが お盆に来た時寝ていた場所  

怖いことが頭をよぎる



起き出し おじを覗く

寝言をいっているのだった


朝、怖い夢でもみたかと訊くと

なにも覚えていないという


10月6日 十三夜のこと
 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

f2acc129.jpg


赤トンボ声なきに聴く子守唄  小夜


季語 赤とんぼ



赤トンボがいつもより気になったのは

やはり 葬儀に来ているからでしょうか

庭の植木にとまりこちらを見ている赤とんぼに

亡き人を重ねてしまうのでした。




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

このページのトップヘ