8a5b1ccf.jpg


街暮らしこころは野辺の若菜摘む 小夜



明日は七草粥の日なので 

いちおう用意しました。

君がため春の野に出でて若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ
百人一首 光孝天皇 『古今集』

平安の人も野菜不足の怖さは知っていたようですね

 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ