五七五ブログ 小夜衣

2014年10月

8290c2b8.jpg


来訪にあわててとかす乱れ萩  小夜


季語は乱れ萩




ガス器具の点検にきました!!

今!?

(事前の告知日に葬儀で留守にしていたのでした)

でも、流しにはランチのあとの鍋も食器

ソファーには毛布が

それに ノーブラ


毛布を寝室に放り込み

エプロンをつけて

玄関へ

靴の乱れをなおして

ドアを開けます。

キッチンと、給湯器をチェック

異常なしでした。

こんなきっかけで浮かんだ句でした (/ω\*)

 

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

de65db2d.jpg

褒められし古き喪服や実紫 小夜


クリニーングに出した喪服を 

綺麗だと褒められました。

古いものの方が生地がいいです。とも

喪服でも褒められると嬉しいのは女心でしょうか


季語は実紫

紫式部のことです。

紫式部は山野に自生するクマツヅラ科落葉低木です。

よく見かける、実が密集しているのは小式部ですが、

普通には紫式部とよばれています。

名の由来は、「源氏物語」の作者・紫式部に由来しています。




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

焼鮭の身のふんわりと色薄く  小夜

写真を撮る前に食べてしまいました。


気になった言葉

ニュースで聞こえた「けあらし」

漢字で書くと「毛嵐・気嵐」

「海面から立ち上る水蒸気が、陸上からの冷たい空気に触れて発生する霧。
川・湖の場合にもいう。厳冬期の北日本に多い。」goo辞書

「けあらし」 は北海道の方言だった。気象用語では「蒸気霧」といいます。

季語では 「霧」は秋の季語

けあらしは 冬の季語「冬霧」の傍題。




「けあらし」は、寒さの厳しい朝

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

a836ddfe.jpg

にくきものしゅくすいのめにあきびかな

季語は秋の日 (天文)

眩しく美しい秋の太陽、日差しをいいます。

時候では 秋の一日をいいます。

宿酔 二日酔いのことです。


はい、二日酔いでした。


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

6136fd68.jpg



秋の夕ひとりすまいのバラの影  小夜

季語 秋の夕

この位置に 夕陽が当たる季節になったのだなぁ



清少納言の『枕草子』

秋は夕暮。夕日のさして山の端いと近こうなりたるに、

鳥の寝所へ行くとて、三つ四つ二つ三つなど、

飛び急ぐさへあはれなり。

まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし

日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

このページのトップヘ