五七五ブログ 小夜衣

2018年12月

BlogPaint


句碑(いしぶみ)や枯るる式部の守り役  小夜


紫式部、葉は枯れ落ちていますが、実はまだその美しい色を残していました。

背後の句碑が風除けになっているのかしら。

枝の先には新芽ができていました。





にほんブログ村

BlogPaint


大寒に剥がれた靴底置き去りぬ 小夜

靴入れの中を整理していたら、数年前に母からもらった靴が出てきました。
それを履いて近所に買い物に行った帰り道、靴の感触が変になり、
靴底をみると、ないのです、ベロリと剥がれています。
振り返ると、道に黒いものが・・・戻らずそのまま帰宅を急ぎました。





にほんブログ村

BlogPaint


小春日やうつらうつらと古地蔵  小夜

赤い帽子にピンクのマントを羽織ったお地蔵さま
どなたかがプレゼントなさったようです。
ポカポカ陽気にお地蔵さまもうつらうつら・・・

昔話の「かさじぞう」を思い出しました。
今度来るときは 私もマフラーを用意しますね。



にほんブログ村

BlogPaint


いろいろな色にしずくや金魚草  小夜

立冬を過ぎた花壇に、金魚草が植えられていました。
この夏は暑くて花壇の花は、枯れて無残でした。
この日前夜の雨か、どなたかが水遣りしたのか、雫がのこっていました。
季語では夏の花になっていますが、これは矮性の園芸種ですし・・
ライブドアのブログは、二つのカテゴリを選べるので、
「夏」とあたらしいカテゴリ「悩む」にしました。



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

このページのトップヘ