五七五ブログ 小夜衣

カテゴリ:季語-夏 > 夏の生活

74da6ddd.jpg


蚊遣香おいてけぼりの河童かな 小夜

蚊遣り、蚊遣香は夏の季語です


が 蚊の最盛期は立秋過ぎてからだと感じます

今話題の蚊も まだまだ 衰える気配がありません

あちこちに「蚊にさされないように 注意しましょう」の張り紙

河童さんも閉口していることでしょう



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ




P8261718

まな板にあふれるほどの瓜きざむ  小夜


「瓜」「瓜揉む」「瓜きざむ」夏の季語です


”はぐら瓜”が売っていたので、買って浅漬にしました。

毎年8月15日頃に店頭に並ぶ気がします。

”はぐら”とは歯がぐらついている人も食べられるから ついたそうです

おもに千葉県で栽培されています

白瓜の仲間で 30cmくらいあります。

当然重いです、でも頑張って2本買ってきました。

卓上漬物器すら持っていないので 刻んで塩と昆布で揉んで

ポリ袋にいれて 冷蔵庫で保存しました。


3849ca69.jpg


瓜子姫と天邪鬼

おばあさんが川で洗濯していると 川上から瓜が流れてきた
それを拾って切ると、中から女の子が生まれてきた。
あまのじゃくが現れて 食べられてしまう。
日本の昔話です。


瓜食めば 子ども思うほゆ 栗食めば まして偲はゆ 何処より
来りしものを 眼交に もとな懸て 安眠し 寝さぬ

山上憶良 万葉集

瓜を食べると子供のことを思い出す

あわを食べると もっと夏かKしくおもう

どこからきたのか 子どもの面影が浮かび 寝られない

この瓜は甘い真桑瓜かもしれません。
 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

このページのトップヘ