五七五ブログ 小夜衣

カテゴリ:季語-冬 > 冬の時候

BlogPaint


大寒に剥がれた靴底置き去りぬ 小夜

靴入れの中を整理していたら、数年前に母からもらった靴が出てきました。
それを履いて近所に買い物に行った帰り道、靴の感触が変になり、
靴底をみると、ないのです、ベロリと剥がれています。
振り返ると、道に黒いものが・・・戻らずそのまま帰宅を急ぎました。





にほんブログ村

BlogPaint


小春日やうつらうつらと古地蔵  小夜

赤い帽子にピンクのマントを羽織ったお地蔵さま
どなたかがプレゼントなさったようです。
ポカポカ陽気にお地蔵さまもうつらうつら・・・

昔話の「かさじぞう」を思い出しました。
今度来るときは 私もマフラーを用意しますね。



にほんブログ村

BlogPaint



お大師へ夏日の眩し穀雨なり 小夜
 

お大師さんへ 藤と牡丹を見に行きました。
この日は25度を超え夏日となりました。
二十四節気の「穀雨」。恵の雨は大丈夫でしょうか
空海は、溜池を作ったことでも知られています。


BlogPaint




にほんブログ村

P1248424



寒波来る足引きずる母に来る 小夜

 
こちらにも記録的な寒波がやってくるという予報です。

すでに大変な吹雪に襲われている地域もあり、

そこには高齢女性が、重い足取りで雪かきを!

避難されなくて大丈夫なのでしょうか




にほんブログ村


5c679215.jpg



日脚伸ぶ狭き窓辺の西東  小夜 



ついこの間までは 赤い朝日が見えていたのですが
立春を前に 建物の影になってしまいました。
空が狭いからこそ 実感できることです。



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

このページのトップヘ